臨床指標

12)腹部疾患

12)-1  出血性胃・十二指腸潰瘍に対する内視鏡的治療(止血術)の施行率

  平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
内視鏡的治療(止血術)の施行率 79.3% 87.5% 90.9% 89.7%
解説
 出血性胃・十二指腸潰瘍で入院した患者さんのうち、内視鏡的治療(止血術)が施行された割合を表す数値です。胃・十二指腸潰瘍の患者さんは、出血を合併すると血圧低下や貧血となり重症化します。その場合、手術治療よりも体への負担が軽い内視鏡的止血術で迅速に対応すれば、重症化を防いで早期退院につながります。令和2年度の当院の数値(89.7%)は全赤十字病院平均値(67.5%)より高い値でした。消化器内科医が24時間体制で対応していることが良好な数値を維持できている要因と考えています。

算出方法
 内視鏡的治療(止血術)が施行された患者数 /出血性胃・十二指腸潰瘍の退院患者数

12)-2  腹腔鏡手術(消化管および肝臓疾患)死亡率

  平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
腹腔鏡下手術を施行した患者数 184 184 205 161
死亡数 1 0 0 1
死亡率 0.5% 0.0% 0.0% 0.6%
解説
 消化管および肝臓疾患に対する腹腔鏡手術の数(患者数)と、術後の死亡率を示しています。
 腹腔鏡手術の中には、併存疾患を多く持つ患者さんでの消化管狭窄、閉塞のため在院死を覚悟でやむを得ず行う場合も含まれています。当院の腹腔鏡手術後の死亡率は、平成26~28年度までは0%(0件/492件)と良好でしたが、平成29年度は高度な狭窄を伴うS状結腸癌術後に敗血症で死亡した症例を一例経験しています。また、令和2年度には多発遠隔転移を伴う高度進行直腸癌に対し、出血疼痛コントロール目的で手術後に死亡した症例を経験しました。胃癌で95%以上、大腸癌では80%程度の症例で腹腔鏡手術を行っています。また、肝臓癌(転移性を含む)に対しても徐々に腹腔鏡手術の適応を拡大しており、適切な症例に対して、低侵襲で安全な手術治療を行っていく方針です。
 
算出方法
 退院時転帰が死亡の患者数/腹腔鏡下手術(消化管および肝臓疾患)を施行した患者数

12)-3  腹腔鏡手術(消化管および肝臓疾患)後感染症発生率

  平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
腹腔鏡下手術を施行した患者数 184 184 205 161
手術創に感染症がある患者数 0 0 3 0
発生率 0.0% 0.0% 1.5% 0.0%
解説
 消化管および肝臓の疾患に対する腹腔鏡手術後に創部感染症をおこした頻度を示しています。創部感染がおこると、創を開放・排膿する処置や、時に再縫合が必要となり、入院期間が延長するため、できるだけ避けたい術後合併症です。
 令和2年度、当院の創部感染症発生率は0%で、全赤十字病院の平均値0.03%と同等と判断され、創部感染症発生を十分にコントロールできていると考えられます。今後、腸管穿孔や膿瘍を来した症例に対して腹腔鏡手術を行う頻度が高まることが予想され、創部感染対策が益々重要になってきます。

算出方法
 手術創に感染症発生あり患者数 /腹腔鏡下手術(消化管および肝臓疾患)を施行した患者数