部門・センター

看護部長挨拶

看護部長  佐藤 章子
2022年4月より、看護部長を拝命いたしました。

福岡赤十字病院は、開設70年の歴史を刻み、急性期の地域中核病院として地域に根差した役割を果たしています。赤十字は人道を基本原則とし、「人間を救うのは人間だ Our world. Your move.」をスローガンに掲げています。

看護部は、一人ひとりのかけがえのない命、看護を大切にする看護師を育て、地域とつながる看護を目指しています。そのために、看護専門職として自律し、対象となる方々やその取り巻く状況を統合した看護を提供できるように邁進します。

看護師一人ひとりが、高い倫理観を備え、知識・技術・判断を磨き続けることが求められます。自分の強みを見出しながらキャリアデザインできるように、キャリア開発ラダーを運用し、ニーズに合わせた継続教育を支援しています。ラダーにチャレンジすることは、看護実践やマネジメントなどの能力開発とともに、自分自身の看護観を見つめ醸成することにつながっています。

対象となる方々に寄り添う質の高い看護を届けるために、職種を超え、病院を超え、地域と連携しながらチーム医療を展開しています。スペシャリストである専門看護師、認定看護師、特定行為研修を修了した看護師は、チーム医療の中心的な存在として組織横断的に活躍しています。医療の多様化・複雑化、超高齢社会、地域包括ケアシステムなどの変化に対応するためには、チーム医療における看護師の役割はますます重要になっています。

看護と赤十字事業の発展のため、救護に関するさまざまな研修および国内・国外の救護・救援の経験を通して、救護員としての看護師を育成しています。創造的な活動を展開し、グローバルな視点で広く社会および世界で活躍できる看護師を育成していくことは、重要なミッションと考えます。

パートナーシップマインドにより縦と横でつながり、対話やコミュニケーションを大事にした働きやすい職場・働きがいのある職場づくりを目指しています。未来への希望を持ち、安心して働き続けられるように、さまざまな支援の充実を図っています。
これからも、赤十字の品格と誇りを心にとめた、柔軟で人間性豊かな看護師を育成し、赤十字の看護を継承していく所存です。

今後とも、みなさまからのご指導とご鞭撻をお願いいたします。


2022年4月
看護部長 佐藤 章子
123
(左から 看護副部長 田中 多喜子、本田 美穂子)
(右から 看護副部長 八尋 万智子、山根 理恵子)

看護部理念

赤十字の基本原則である人道に基づき、個人の尊厳と権利を尊重し、全ての人々に信頼される質の高い看護を提供します

看護部基本方針

  1. 生活の質を尊重した、安全で安心な看護を提供します
  2. 看護の専門性を発揮し、多職種で協働したチーム医療を実践します
  3. 赤十字の使命である救護看護師を育成し、国内外の救援活動を実践します
  4. 看護の質向上をめざし自己研鑽するとともに、看護教育の発展に寄与します
  5. 社会の変化に対応し、柔軟な発想で看護を変革します

看護体制

  • 一般病棟入院基本料:7対1入院基本料
  • 平均在院日数:9.53日(令和3年度)
  • 看護師総数 約550名

看護方式

パートナーシップマインドを基軸として、チームとペアを組み合わせた福岡赤十字病院独自の看護ケア提供方式を構築しています