言語療法部門

リハビリテーション科

言語療法部門

言語療法では、失語症※1や構音障害※2といった言語障害の他、高次脳機能障害※3、摂食・嚥下障害※4に対し、検査や訓練、指導を行います。治療は、全身状態に応じ早期から開始します。また、入院生活だけでなく退院後の生活を展望し、主治医・看護師など他職種と情報を共有しながらチームで進めています。

  • ※1 失語症 脳卒中や脳腫瘍、頭部外傷等によって大脳の言語中枢が侵され、言葉が理解できない、思い出せない、字が書けない・読めない、計算ができないなどの症状。
  • ※2 構音障害 言語理解には問題がないが、口唇や舌の麻痺により発音が上手にできなくなるなどの症状。
  • ※3 高次脳機能障害 >脳損傷により注意力や記憶の低下、感情の抑制がきかなくなる等の症状が現れ、状況に応じた行為が行えなくなる症状。
  • ※4 摂食・嚥下障害 食物を認知できない、飲み込めない、噛めない、むせるなど、飲み込み全般の症状。

言語療法風景

失語症や構音障害の練習用具

コミュニケーションの練習も早期から

必要に応じて高次脳機能障害の検査を実施

嚥下の練習はチームアプローチで安全に