チーム医療としての薬剤師の役割

薬剤部

チーム医療としての薬剤師の役割

栄養サポートチーム (NST:Nutrition Support Team)

入院患者さんの栄養管理を行うために、薬剤部を事務局として2005年4月より栄養サポートチームを設立しました。薬剤師は事務局として栄養サポートチームを円滑に運営し、回診では静脈栄養・経腸栄養・薬剤に関する提言を、医師・栄養士等に行っています。

現在は集中治療室にも積極的に介入しており、早期から栄養療法を行うことで、患者さんの治療の基盤である栄養状態をアップし、より良い治療が行えるようサポートしています。

院内感染対策チーム (ICT:Infection Control Team)

病院各部署の感染症に関する情報を収集し、病院全体の状況を把握することとともに、その状況に応じた適切な指導・管理に関与しています。主な活動内容として、院内回診参加による感染対策への助言や、抗MRSA薬を使用している患者さん一人一人の血中薬物濃度を測定し、解析することにより患者さん個人に適した投与量を設定(TDM解析)するなどしています。

緩和ケアチーム (PCT:Palliative Care Team)

がんやその他の治療困難な病気に伴う「痛み」や「体のつらさ」だけでなく、不安や気分が落ち込むといった「心のつらさ」など、様々なつらさを和らげるために活動しています。

薬剤師は入院患者さんの病態や使用薬剤等の情報収集、医師・看護師と病棟回診を行い薬剤の選択や用量設定・投与経路への助言、副作用の確認などを行っています。緩和ケア外来では新規オピオイド導入時に定期薬剤・レスキュー薬の使い方や副作用についての説明も行っています。

また、チームとして訪問看護ステーションや医療連携室と協力し、在宅療養や緩和ケア病院への転院など患者さんの希望に合う医療を行っています。

腎移植チーム

腎臓移植を受けられる患者さんのサポートを医師、移植コーディネーター、検査技師、栄養士とともに行っています。血圧、血糖管理や免疫抑制剤の管理、感染症予防など、入院中だけでなく退院後も安心して治療を受けて頂けるよう、患者さん個人の生活や体質に合わせた指導を行っています。

がん化学療法チーム

がん薬物治療は日進月歩であり、その治療が安全かつ適切に行われる為に院内には多職種で構成されたがん化学療法委員会があります。薬剤師もその一員としてプロトコールの審査や管理、副作用や運用に関する手順書の作成等において重要な役割を担っています。

また、処方内容の監査を行い、抗がん剤やその他医薬品の適正使用に貢献しています。

抗がん剤の調製は曝露対策を講じた環境下で行っており、複数の薬剤師で過程をチェックすることで安全かつ正確に業務を行っています。

外来化学療法室には薬剤師が1人常駐し、抗がん剤の説明や副作用の確認、セルフケアの指導を行って、治療に対する不安を軽減し、生活の質を保ちながら治療が行えるようにチームの一員として努めています。