業務紹介

業務紹介

調剤業務

内服、外用薬調剤 注射調剤 無菌調製(高カロリー輸液、抗がん剤)

 

医師の処方箋に基づき、外来・入院患者の薬を調剤しています(院外処方箋発行率85%)。薬剤部の窓口では、外来患者に対して薬剤情報を提供し、薬の効果や副作用について説明しています。
注射薬は、投与経路・速度、配合変化なども考慮し、個人別に注射薬を調剤しています。

栄養価の高い輸液や抗がん剤などは、無菌操作を必要とするため、薬剤部で調製しています。

また抗がん剤は取り扱いに注意が必要な薬剤であるため、薬剤師の知識や能力をもって、慎重かつ安全に調製しています。

製剤業務

患者さんの治療を行ううえで、製薬会社から販売されていない薬剤が必要な場合は、医師の依頼に基づいて院内製剤を調製しています。
院内製剤とは、各病院が独自に作っている製剤です。

医薬品管理業務、DI業務

院内で採用されている全ての医薬品の購入また保管管理、当院採用の医薬品の情報を管理患者さんへの供給などが主な業務です。

病棟業務

病棟薬剤師は、使われる薬の使用目的(効果)・使用方法や注意点を説明し、患者さんに積極的に、そして安全に治療に参加していただけるような環境作りをしています。また、平成25年8月より病棟薬剤業務実施加算を算定しており、病棟に専任の薬剤師がいることで、患者さんの病態をいち早く察し、副作用の発現防止などに努めるなど大切な仕事を任っています。

外来常用薬確認

平成26年1月から手術予定の患者さんを対象に、常用薬を把握するために、入院前に外来で確認を行っています。確認の際には、常用薬(実際の薬)やお薬手帳などの情報を持参していただいています。