生化学検査

生化学検査

臓器が障害を受けたとき、細胞が破壊され、その臓器特有の物質が血中、尿中に流出し健康なときの値(基準値)から大きくはずれます。そのため、血液や尿等を分析することにより色々な病気の診断、治療効果、病態の程度、予後の判定、健康状態などが検査データからわかります。

主な病気の検査項目

肝臓病 AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTP,LDH,LAP,ALP,ChE,ビリルビン,総蛋白,A/G,総コレステロール,ZTT,TTT,NH3
腎臓病 BUN,クレアチニン,電解質,尿酸,無機リン,シスタチンC
高血圧 総コレステロール,HDL-コレステロール,中性脂肪,LDLコレステロール
心臓病 AST(GOT),LDH, CK,CK-MB, 電解質,中性脂肪, HDL-コレステロール,総コレステロール,LDLコレステロール
糖尿病 血糖,尿糖,ヘモグロビンA1c,グリコアルブミン
膵臓病 アミラーゼ,リパーゼ

採血した血液です(右)。
遠心機にて血清(黄色)と血球に分離した状態(左)。
この血清を用いて生化学検査を行います。1項目を検査するのに約0.01ml(10μl)が必要です。
素早く検査を行い、迅速にデータを提供しています。

生化学検査イメージ