災害救護

災害救護

国内における災害や事故発生時の救援ならびに救護活動を展開しています。

災害救護

災害救護は、赤十字事業の中でも重要な活動の一つであり、大規模災害等に対し、日本赤十字社福岡県支部と連携を取りながら積極的に取り組んでいます。
救護員の研修や訓練、機材の更新や整備などに万全を期し、何時・如何なるときにも、迅速に救護活動が行えるよう日頃から心掛けています。

災害救護訓練

熊本地震

平成29年7月九州北部豪雨

国内の臨時救護

市民マラソンや各種イベント、障害をもった人の海外旅行等に臨時救護として医師や看護師を派遣しています。

国際救援活動

赤十字の活動のひとつである国際救援・開発協力活動にも携わっています。

当院からの派遣実績(2004年以降)

2004年 1~3月 イラン南東部地震被災者救援 看護師2名
2005年 3~4月 スマトラ島沖地震 ・津波被災者救援 看護師1名、連絡調整員1名
2005年 10~12月 パキスタン北部地震被災者救援 看護師2名
2005年 12月~
   2006年 6月
スーダン紛争犠牲者救援 助産師1名
2006年 8~11月 フィリピン海外保健医療支援 看護師1名
2007年 1~2月 ケニア洪水救援 助産師1名
2008年 2~3月 インドネシア保健医療支援 医師1名
2008年 6~9月 インドネシア保健医療支援 看護師1名
2009年 8月~
   2010年2月
アフガニスタン・ミルワイズ地域病院支援 助産師1名
2010年2~3月 ハイチ大地震災害救援事業 医師1名
2010年4~5月 ハイチ大地震災害救援事業 看護師1名
2010年11~12月 パキスタン洪水災害救援事業 助産師1名
2011年1~2月 ハイチ大地震被災者支援事業(コレラ救援) 看護師1名
2011年1~5月 ウガンダ北部地区支援事業 医師1名
2011年2~5月 アフガニスタン・ミルワイズ地域病院支援事業 助産師1名
2011年8月~
   2012年1月
ハイチ大地震災害救援事業 看護師1名

2014年7月~

        2015年3月

ミャンマー紛争犠牲者救援事業 助産師1名
2014年8月~11月 ウガンダ北部医療支援事業 医師1名

2014年9月~

        2015年2月

ウガンダ北部医療支援事業 看護師1名
2015年7月~8月 ネパール地震救援事業 医師1名
2015年7月 ネパール地震救援事業 看護師1名

2017年11月~

   2018年1月

バングラデシュ南部避難民救援事業 看護師1名

2017年12月~

   2018年4月

バングラデシュ南部避難民救援事業 助産師1名

ウガンダ北部医療支援事業

ネパール地震救援事業

バングラデシュ南部避難民救援事業

地域災害拠点病院

当院は、平成11年5月福岡県災害拠点病院に指定されました。
災害拠点病院とは、救急医療を行うための高度の診療機能、被災地からの重症傷病者の受入れ機能、傷病者等の受入れ及び搬出を行なう広域搬送への対応機能、自己完結型の医療救護チームの派遣機能、地域の医療機関への応急用資器材の貸出し機能を有し、災害時に医療活動の中心的役割を担う医療機関です。