形成外科

診療について

当院の形成外科では以下のような疾患に対して治療を行っています。

皮膚や軟部組織の良性腫瘍、悪性腫瘍

皮膚や皮下の良性腫瘍や悪性腫瘍に対して、必要に応じてエコー、CT、MRIなどの検査を行った後に手術を行います。組織の欠損が大きくなる場合、皮膚移植や皮弁などの再建手術を行うことがあります。なお、当院では母斑に対するレーザー治療は行っていません。

顔面骨骨折、皮膚・軟部組織損傷

鼻、頬(ほほ)、顎(あご)など顔の骨折に対して、CTなどの検査を行い、必要に応じて手術を行います。

熱傷

熱傷(やけど)に対し、軟膏などを用いた治療を行います。ただし、熱傷の深さ、部位や大きさによっては、入院での治療や皮膚移植などの手術が必要となることがあります。

先天異常

唇裂・口蓋裂、耳の先天異常(副耳、耳瘻孔、埋没耳、小耳症など)、手足の先天異常(多指症、合趾症など)、その他の先天異常(臍ヘルニア、眼瞼内反症、先天性眼瞼下垂、巨口症)など様々な先天異常に対して治療を行います。

瘢痕・ケロイド

きずあと(瘢痕・ケロイド)に対して、テーピングやステロイドによる治療を行います。瘢痕・ケロイドの程度によって、手術や電子線による治療を行います。

皮膚潰瘍

皮膚潰瘍に対して、潰瘍の大きさや深さなどに応じて皮膚移植術などの治療を行います。糖尿病や血流障害などが原因の足潰瘍などでは、循環器内科などと協力して治療を行います。

その他

加齢性眼瞼下垂、腋臭症、巻き爪などを、手術などで治療を行います。