診療科

病理診断科

病理診断を行う部門です。
病理診断とは、患者さんから採取された組織や細胞を、主に顕微鏡を用いて行う診断業務です。多くの疾患において、病理診断は最終診断となりますが、特に癌などの腫瘍性疾患においては重要な役割を果たしています。当科には、病理医と臨床検査技師が所属しており、病理診断業務として、組織診断、術中組織診断、細胞診断、術中細胞診断、病理解剖を行っています。いずれも豊富な経験と高い技術が要求される業務です。また、臨床各科とのカンファレンスも定期的に開催し、密な情報の共有を行っています。私どもは、患者さんに直接お会いすることはほとんどありませんが、いつも顕微鏡の向こうに患者さんを意識して、病理診断を行っています。

医師紹介

  • 検査部長 西山 憲一にしやま けんいち
    出身大学 九州大学(平成3年卒)
    所属学会・認定資格 ◎日本病理学会 病理専門医・研修指導医
    ◎日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医
    ◎日本外科学会 認定登録医