助産師外来Q&A

助産師外来

助産師外来Q&A

助産師外来は誰でも受けられるの?
当院がかかりつけで、主治医の許可があり妊娠20週以降で正常な経過をたどる妊婦さんであればどなたでも受けることができます。ただし、助産師外来の経過で異常が生じた場合には医師の診察になることがあります。里帰り出産予定の方(当院でお産をしない方・当院に里帰りされる方)も、妊娠経過に異常がなければ受診できます。
助産師外来ではどのようなことをやってるの?
助産師が妊婦健診(腹囲・子宮底測定、検尿、採血、血圧測定、体重測定、レオポルド触診、胎児心拍の聴取、胎児モニタリングなど)を行っています。
  • 超音波検査(エコー)は基本的には行っていませんが、希望があればお腹の中の赤ちゃんの様子を見るという目的では実施します。(赤ちゃんの推定体重計測や異常の有無を見る目的ではありません)
  • 妊娠28週、36週ごろは助産師外来の方でも医師の診察になります。その際に赤ちゃんの発育や推定体重計測を確認します。
助産師外来はいつやってるの?
毎週月・水・金曜日の午後2~4時で1人30分の完全予約制です。
誰がやってるの?
経験豊富な助産師外来専従助産師1人を中心に、産婦人科外来助産師1人、病棟助産師数人で1人の妊婦さんに2~3人の受け持ち助産師がつき、妊娠中から妊婦さんをサポートします、お産の時は基本的に受け持ちの病棟助産師が担当します、時間によっては受け持ちの外来助産師や専従助産師もかけつけます。
料金は?
医師による妊婦健診と同じ金額で、妊婦健診補助券が使用できます。
ただし、自費の検査や胎児モニタリングでは妊婦健診補助券があっても自費になりますので、ご了承ください(医師による妊婦健診でも自費になります)。
メリットは?
助産師外来のメリットは、完全予約制で1人30分なので待ち時間が少ないこと、ゆっくり妊婦健診が受けられることです。妊娠中はいろいろなことが気になるものです。毎回の健診時に助産師にどんどん質問してください。
助産師外来では1人の妊婦さんに2~3人の助産師が受け持ちとなり、お産の時も受け持ち助産師が担当しますので、安心してお産することができます。もちろん、助産師外来でなくても、助産師がお産を担当しております。
助産師外来で異常が生じた場合は、医師に診察を依頼する迅速な対応を行っております。
医師にはみてもらえないの?
助産師外来の方も主治医がいます。医師と助産師が一緒に妊婦さんの経過をみていくという気持ちで助産師外来を運営しております。
助産師外来を希望される妊婦さんも妊娠20週までは主治医の診察です。また、当院での初診時には医師の診察です。助産師外来の妊婦さんも妊娠28週、36週は医師の診察になるほか、異常が生じた場合には、医師に診察を依頼する迅速な対応を行っております。
お産の時は?
助産師外来では、1人の妊婦さんに対し、2~3人の助産師が受け持ちとなり、基本的はお産の時もかけつけ、分娩介助を行っています。妊娠中に考えたバースプランに沿って一緒に頑張りましょう。助産師外来の方でも赤ちゃんが産まれる直前は医師に連絡し、医師の立会いを基本としています。
また、分娩経過で異常が生じた場合には、医師と連携し、迅速な対応を行っております(当院では24時間、産婦人科医が待機しております)。