フットケア外来

フットケア外来

糖尿病と足は想像以上に深い関係があります。血糖値の高い状態が続くことで、神経障害が起こり感覚が乏しくなったり、足の血管の動脈硬化により血流が悪くなったり、細菌に対する抵抗力が低下するなど様々な問題が生じやすくなります。足は日常、眼に触れにくいので、病気に気づきにくく、治療が遅れがちです。そのため悪化しやすく、最悪の場合は壊疽になることがあります。

当院の糖尿病外来に通院されている患者さんを対象にフットケア外来を開設し、糖尿病内科医師やその他の診療科と連携を取り、皆様の足を守るお手伝いをしたいと考えています。

どんなことでも結構です。どうぞお気軽にご相談ください。
 

※対象者は、当院糖尿病外来受診患者としています。

相談内容

  • ウオノメ・タコでお困りの方
  • 爪の変形・巻き爪の方
  • 爪周辺の炎症など
  • 視力の弱い方・自分で爪を切れない方

毎週木曜日9時~16時(完全予約制)  第2木曜日9時~12時(完全予約制)
糖尿病内科外来で予約を受け付けています。
担当・糖尿病内科医師・糖尿病療養指導士
    皮膚・排泄ケア認定看護師