泌尿器科

泌尿器科

外来担当医一覧

氏名 専門分野
清島 圭二郎 交替制 再来 再来   尿路結石・排尿機能障害・尿路感染症・尿路性器腫瘍・腹腔鏡手術・ロボット手術
秋武 正和 再来   再来
小林 武 再来 再来  
伊藤 大輔 再来      
宮﨑 真優          
非常勤医師       午後再来  

専門分野・特長

尿路結石、尿路・性器・副腎腫瘍(腎・尿管・膀胱・前立腺・ 精巣等)、尿路感染症、前立腺肥大、排尿障害(尿失禁等)に対する治療を行っています。特に低侵襲治療に力を入れており、腹腔鏡手術やダヴィンチによるロボット手術を積極的に行っています。

 

当院で行うことができる泌尿器領域腹腔鏡手術

  • ロボット支援前立腺全摘除術(対象疾患:前立腺癌)
  • ロボット支援腎部分切除術(対象疾患:腎癌)
  • 腹腔鏡下膀胱全摘除術(対象疾患:膀胱癌)
  • 腹腔鏡下膀胱部分切除術(対象疾患:膀胱癌、膀胱憩室など)
  • 腹腔鏡下尿膜管摘出術(対象疾患:尿膜管遺残症、尿膜管癌など)
  • 腹腔鏡下腎盂形成術(対象疾患:腎盂尿管移行部狭窄症)
  • 腹腔鏡下腎部分切除術(対象疾患:腎癌、腎腫瘍)
  • 腹腔鏡下腎摘除術(対象疾患:腎癌、腎腫瘍など)
  • 腹腔鏡下腎尿管全摘除術(対象疾患:腎盂癌、尿管癌)
  • 腹腔鏡下副腎摘出術(対象疾患:副腎腫瘍など)

診療概要

尿路・性器腫瘍、尿路結石、前立腺肥大症、尿路感染症を網羅し、生活の質の向上を考え十分なインフォームド・コンセントを得て、治療を行うことを心がけています。 

泌尿器科疾患の症状について

前立腺疾患の症状

  • 前立腺とは?

前立腺は男性だけにある臓器です。前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲んでいます。また、一部が直腸に接しているため、直腸の壁越しに指で触れることができます。大きさはちょうど栗の実くらいで、形も栗によく似ています。前立腺の働きについては、まだわからないことが多くあります。わかっている働きは、前立腺液を分泌することです。前立腺液は、精液の一部となり、精子を保護し精子に栄養を与えるとともに、その運動機能を助ける役割を果たしています。

  • 前立腺肥大症

前立腺肥大の症状は、具体的には次の7つがあげられます。

(1)排尿後、まだ尿が残っている感じがする(残尿感)

(2)トイレが近い(頻尿)

(3)尿が途中で途切れる(尿線途絶)

(4)急に、尿意をもよおし、もれそうで我慢できない(尿意切迫感)

(5)尿の勢いが弱い(尿勢低下)

(6)おなかに力を入れないと尿が出ない(腹圧排尿)

(7)夜中に何度もトイレに起きる(夜間頻尿)

なぜ前立腺が肥大するのか、いくつかの仮説はありますが、はっきりした原因はわかっていません。ただ、加齢と性ホルモンが何らかの影響を及ぼしていることは確かなようです。前立腺肥大症が50歳以降から増え始め、年齢が高くなるにつれて発症する人が多くなっていくことから、加齢が関与していることは確実です。
まず行う検査は、腹部エコー検査・血液検査・尿検査などです。更に詳しく調べるため検査としては、尿流測定・残尿測定・直腸エコー検査・膀胱内視鏡検査などがあります。
 

  • 急性前立腺炎

高い熱と排尿の症状(排尿時痛・頻尿・ 排尿困難)が起こります。比較的強い症状が現れます。抗生剤の内服あるいは点滴で治療します。重篤な全身感染症になることもありますので、炎症が強い場合は入院が必要となることがあります。尿閉となった場合、カテーテルを留置することもあります。
 

  • 慢性前立腺炎

慢性的な排尿痛や陰部の不快感が主な症状です。 細菌感染によるものもありますが、原因のはっきりしないこともあります。抗生剤・漢方薬などの内服治療が中心となりますが、難治性・反復性のこともあります。ストレスの少ない規則正しい生活、適度な運動も症状緩和や再発予防に有効です。前立腺肥大症に準じた治療が有効なこともあります。
 

  • 前立腺がん

指標となる腫瘍マーカーにPSAというものがあります。PSAは前立腺に特異的にみられる腫瘍マーカーで、前立腺がんが疑われるとき、まず行われるスクリーニング(ふるいわけ)検査として位置づけられています。また、がんの進み具合を鋭敏に反映するため、前立腺がんの早期発見とともに、治療効果判定や予後予測にも用いられています。ただし、PSAは前立腺がんのみならず前立腺炎でも上昇しますので鑑別が必要です。検診などで異常を指摘された場合には、泌尿器科受診をお勧めします。

血尿

尿に血が混じるいわゆる血尿は、尿を作る腎臓や尿の通り道の重要な病気のサインです。血尿が発見される頻度は年齢とともに増え、男性に比較して女性に多く見られます。おしっこが赤いなど、尿に血が混じることを目でみて判断できる肉眼的血尿はさらに重要な病気のサインです。たとえば膀胱癌の85%は肉眼的血尿を契機として発見さます。また腎癌でも、最近は検診や人間ドックなどで偶然に発見される症例が増えてきたものの、血尿を契機に見つかることも少なくはありません。

血尿に排尿時痛を伴うときがあります。膀胱や前立腺などの下部尿路感染症、発熱を伴う場合には急性腎盂腎炎・急性前立腺炎などによって起きる血尿の場合です。突然に背部痛・側腹部の疼痛・仙痛発作と同時にあるいは症状に引き続いて認められる血尿では、尿路結石症(腎結石・尿管結石・膀胱結石など)によることが多いと考えて下さい。

血尿を発生する疾患には、泌尿器科ではなく腎臓内科で取り扱う疾患(腎糸球体腎炎・IgA腎症など)もあります。そのような疾患の疑いの場合には当院腎臓内科に紹介する事があります。

 

尿路結石の症状

尿路結石があっても無症状の場合もありますが、尿管や腎盂などの尿の通り道が結石で塞がれることによって背中や脇腹や、下腹部に痛みが生じます。痛みは2〜3時間続くことが多く、その間は数分おきに痛みが強くなるというように、痛みの強弱に波があるのが特徴です。尿の流れが悪くなることで腎臓からの尿の出口である腎盂・腎杯が腫れて「水腎症」を呈することがあり、腎機能を悪化させる場合や尿路感染を呈する場合があります。また結石による刺激に伴って血尿や頻尿の症状が発生する場合もあります。

泌尿器科疾患の治療について

前立腺がん

腫瘍マーカー(PSA)の採血・前立腺触診・超音波検査をもとに前立腺の組織採取(生検)を行うかどうか決定し、その結果に基づいて手術・内分泌療法・放射線療法などの治療方針を決定します。
前立腺癌の治療法は多岐にわたっており、癌と診断された後の十分な精査に基づいた治療選択が必要です。 当科では、各々の治療の長所・短所を十分説明し、患者さんと一緒に治療法を選択しています。

 

  • 前立腺生検

PSA が高いというだけでは前立腺癌の診断はできないため、確定診断のためには前立腺生検が必要です。前立腺生検とは、経直腸的エコーで前立腺の場所を確認しな がら、針を刺して前立腺の組織をとってくることをいいます。当院では1泊2日入院で行い、1~2週間後に外来で結果を説明しています。
 

  • 治療方法

前立腺癌の治療を決めるにあたって重要となるのは、転移の有無とリスク分類(低リスク・中リスク・高リスク)です。

手術

転移がない限局性の前立腺癌に対して低侵襲なロボット支援前立腺全摘除術を行っています。治療効果は高く、手術後に通常問題となる尿失禁を最小限にするような手術を心がけています。
ロボット支援手術の利点として、

①傷が小さいため体力の回復が早い。
②手術中の出血量が少ない。

③剥がす・切る・縫うといった手術操作をとても細かく行うことができる。

ことがあげられます。

放射線治療

転移がなく、低~高リスクの前立腺癌に対して行います。内分泌療法と組み合わせて行うこともあります。外照射(放射線を外から照射)、密封小線源療法(前立 腺内部から放射線を照射、低~中リスクの方)がありまず。外照射は当院でも行っていますが、精密な外照射が必要な方や、密封小線源療法を希望の方は必要に 応じて他院を紹介しています。稀ですが、尿道狭窄・放射線性膀胱炎・直腸潰瘍などの合併症があります。

内分泌療法(ホルモン療法・新規薬物療法)

転移がある方、高リスクの方、またはご高齢で上記治療を希望されない方に内分泌療法を行っています。内分泌療法の効果がなくなった場合には、新規薬物療法(抗癌剤他)も行っています。

前立腺肥大症

新たな薬剤を使用することができるようになって、手術を必要とする患者さんは減少していますが、薬剤を内服しても尿閉(膀胱内に貯まった尿を出せなくなる)になったり、尿路感染症を繰り返したりする方は手術が必要になることがあります。
尿道から内視鏡を挿入して前立腺を少しずつ削っていくTURP(経尿道的前立腺切除術)が標準的手術ですが、出血が多いことが欠点です。前立腺の大きさなどによって、手術方法を選択しています。レーザー治療をお勧めする場合には、他院を紹介することがあります。

腎腫瘍

近年画像診断の進歩により7cm以下の早期腎癌の占める比率が増加しています。

腎癌には放射線治療や化学療法は効果が乏しいため、手術が標準的な治療です。手術法では腎保存と低侵襲手術がメインテーマになっております。当院では、可能な限り腎機能温存と低侵襲を両立したロボット支援腎部分切除術を行っています。一方で腎部分切除が不可能な場合には、根治的腎摘出術を可能な限り低侵襲な腹腔鏡手術で行っています。

尿路腫瘍

  • ①腎盂、尿管癌

腎盂や尿管に発生した癌に対する標準的な手術方法は腎尿管全摘術です。こちらに対しても腹腔鏡での手術を行っています。腎機能の温存のために腎臓を摘出せずにレーザー治療を行うこともあります。

  • ②膀胱癌

まずは内視鏡手術にて腫瘍を切除し、診断・進行度を評価します。膀胱癌であった場合、手術後数年で30%前後の方が再発するため、再発予防・厳重な経過観察が必要です。再発予防として、外来で抗癌剤やBCGの膀胱内注入療法を行っています。内視鏡手術で切除できない膀胱癌に対しては、膀胱全摘術を行っています。原則として、腹腔鏡下膀胱全摘を行うようにしています。又、尿路変更法として可能な患者さんには積極的に新膀胱造設術を行っています。

尿路結石

10mm以下の小さな結石は自然に排石されることも多いため、鎮痛剤や排石促進薬を使用しながら様子を見ますが、1ヶ月経っても自然に排石されない結石や、自然排石が期待できない大きな結石は、以下のような治療を行っています。

  • ①体外衝撃波結石破砕術(ESWL)

体外から発生させた衝撃波により、人体内の結石を破砕する方法で、当科では1泊2日入院もしくは日帰り入院で行っています。通常、腎・尿管の5~10mmの結石が適応ですが、1回の治療では砕石できず複数回の治療が必要となる場合や、他の治療法に変更しないといけない場合があります。

  • ②経尿道的結石破砕術(TUL)

尿管内に内視鏡を挿入し(おなかに傷はつきません)、腎・尿管内の結石をレーザーで砕石する方法で、当科では4~7日程度の入院で行っています。砕石効果は高く、ESWLで割れにくい結石や、10mm以上の大きな結石が適応です。

  • ③経皮的結石破砕術(PNL)

皮膚から腎臓に直接管を入れ、結石を破砕します。20mm以上の大きな腎結石や、尿管狭窄を伴う結石が適応で、1~2週間程度の入院が必要です。当院では、より低侵襲な細径腎盂鏡を導入しています。ESWLやTULと組み合わせて治療を行うこともあります。

 

  • <結石治療の利点・欠点>
  利点 欠点
ESWL
(体外衝撃波破砕術)
・短期間の入院で治療可能
・麻酔をかける必要なし
・結石の大きさ、硬さによっては複数回の治療/治療法変更の必要あり
TUL
(経尿道的破砕術)
・破砕効果が高い ・4~7日入院(麻酔をかける必要あり)
PNL
(経皮的破砕術)
・大きな結石に対する破砕効果が高い ・1~2週間入院(麻酔をかける必要あり)
・腎臓に管を入れる必要あり
(治療終了後に抜去)

特殊外来

尿失禁外来
(水曜日)

尿失禁は中高年女性に頻度の高い症状です。しかしデリケートな症状で もあるため多くの方は他人に相談できずにいるのが実情です。当科でコンチネンス協会認定看護師による尿失禁外来を設けて種々の尿失禁検査・骨盤底筋群体操の個人指導を行ない、成果を挙げております。

運動は軽症のうちに開始することで効果が期待できます。

尿失禁外来のご案内

セカンド・オピニオン 受け入れておりますが、十分な時間・資料が必要と考えます。
できましたら事前の時間の打ち合わせのためにお電話をいただければ幸いです。
(お問い合わせは、泌尿器科外来までお願いします)

セカンドオピニオンのご案内