眼科

眼科

外来担当医一覧

  • 午前
氏名 専門分野
大石 誠一郎 交替制 糖尿病性網膜症、白内障、緑内障、眼科一般
瀧 瑠美子

専門分野・特長

糖尿病網膜症、白内障、緑内障、眼科一般

診療概要

外来は常勤医2名で診療しています。白内障、緑内障などの眼科疾患ばかりではなく、全身的な病気に併発した様々な眼疾患に対しても対応しています。現状での最高の治療を患者さんに提供することを目標に取り組み、学会などで報告された新しい治療法に関しても、複数の施設の報告を参考にしながら、積極的に取り入れています。また、近隣の眼科開業医の先生方との連携がスムーズに行われており、手術あるいは特別な検査や治療が必要な際に、患者さんに当科を受診していただき、病状が安定すればご紹介いただきました先生方に、その後の経過観察をお願いするという病診連携のシステムが確立されており、地域の中核病院として機能しています。

診療案内

一般的な眼科診療は、月曜日から金曜日までの午前中に行っています。火曜日は新患のみの受付で、再来予約はとれません。初診の患者さんの受付時間は、月・水・金曜日は午前11時まで、火・木曜日は手術日のため午前10時までとなっています。月・水・金曜日の午後は、蛍光眼底検査などの特殊検査や、網膜光凝固などのレーザー治療を行っています。

目の奥の病気(網膜疾患)が疑われる場合は、散瞳薬を使用した眼底検査(点眼により瞳を広げた状態で行う眼底検査)を行いますので、散瞳薬が効いている間(およそ4から5時間)は、まぶしくなったりピントが合わなくなったりしますので、バイクや車の運転での来院は控えてください。また、初診日の眼鏡処方あるいはコンタクト処方は行っておりません。

手術は白内障を中心に、網膜硝子体疾患あるいは緑内障に対して、基本的に入院していただき行っています。患者さんのニーズの多様化から、外来での(日帰り)白内障手術も行っています。内科などの他科との連携をはかり、全身合併症のある患者さんに対しても、安心して治療を受けていただけるように心がけています。

 

手術実績(2017年度)

白内障手術 497件

網膜硝子体手術

62件
緑内障手術

10件

その他 45件
合計 614件