内分泌内科

内分泌内科

外来担当医一覧

氏名 専門分野
中川 瑞穂     内分泌・糖尿病

専門分野・特長

甲状腺、内分泌(副腎・副甲状腺・下垂体)、糖尿病

診療概要

福岡赤十字病院内分泌内科は甲状腺を中心として、副甲状腺、副腎、視床下部、下垂体病変などの内分泌疾患の診療を担当しています。
当科は日本甲状腺学会認定専門医施設です。バセドウ病、橋本病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、妊娠合併バセドウ病や橋本病、更に妊娠に伴う甲状腺機能異常や先天性、自己免疫性、薬剤性など種々の原因による甲状腺機能低下症や甲状腺悪性リンパ腫の診断と治療、甲状腺濾胞腺腫などの良性甲状腺結節性病変や甲状腺癌の診断を行っています。
副甲状腺に関しましては、機能亢進症では、副甲状腺腺腫の有無、位置を診断し、適応があれば外科に手術を依頼しています。副甲状腺機能低下症も特発性、または偽性副甲状腺機能低下症の診断と治療を行っています。
副腎疾患ではクッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎偶発腫の診断をし、アジソン病、先天性副腎過形成や下垂体からのACTH分泌不全に伴う副腎皮質機能低下症に対しては、糖、脂質代謝、血圧、体重などを考慮しながら補充療法を行っています。
下垂体疾患も尿崩症及び、プロラクチノーマ、クッシング病、先端巨大症、非機能性下垂体腺腫などの腫瘍性病変や、リンパ球性下垂体炎などによる下垂体前葉機能低下症、ACTH単独欠損症など、機能異常の診断、治療や画像診断を行っています。
その他Na、Kなどの電解質異常にも内分泌機能異常によるものがあり、併せて診断、治療しています。