消化器内科

消化器内科

外来担当医一覧

氏名 専門分野
青柳 邦彦     午後再来  

消化管

(食道・胃・小腸・大腸)

平川 克哉     午後再来  
工藤 哲司   午後再来    
近藤 雅浩 午後再来      
野村 亜貴子       午後再来  
今津 愛介   午後再来    
吉原 崇正       午後再来
西田 美沙子     午後再来  

専門分野・特長

消化管疾患のX線・内視鏡診断と内視鏡的治療、(ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)など早期癌の内視鏡的切除、止血術、焼灼術、拡張術など)、ピロリ菌の感染診断と除菌、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)の診断と治療、超音波内視鏡検査

診療概要

消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)に発生する様々な疾患の診療を担当します。
腹痛・下痢・便秘・血便など消化器症状の原因をX線と内視鏡検査を駆使して迅速かつ正確な診断を行います。小腸疾患に対しては、小腸二重造影やバルーン内視鏡を用いて診療を行っています。

日本人では消化管にがんが発生しやすいことは広く知られていますが、早期に発見された食道がん・胃がんや大腸がんは体への負担が軽い内視鏡治療でほぼ完治します。当院では良好な治療成績を上げていますので、是非ご相談ください。なお、当院では人間ドックや健診も行っていますので、人間ドック健診センターでご相談ください。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍はピロリ菌感染のみならず、非ステロイド性抗炎症薬(鎮痛薬など)やアスピリン(循環器疾患の血栓予防)でも発症し、出血の原因として近年再び増加しています。胸やけを呈する胃食道逆流症は食生活の欧米化に伴い、若年者から高齢者に至るまで幅広い年齢層で増加しています。これらの疾患は、上部消化管内視鏡検査で診断し、原則薬物治療を行っています。
クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患に関する専門的な診療を行なっており、良好な治療成績を得ています。抗炎症剤、免疫抑制剤、栄養療法、抗TNF-α抗体治療(外来化学療法センターで実施可)、血球成分除去療法、外科治療などの治療法の中から、それぞれの患者さんに最も適した治療を提供しています。

吐血や下血で発症する消化管出血は緊急での治療が必要となるため、専門医が24時間体制で対応いたします。

検査数・手術数 (2017年度)

内視鏡検査実施数 上部(食道・胃・十二指腸) 6,632例
大腸 2,256例
X線造影検査 上部(食道・胃・十二指腸) 1,657例
小腸(十二指腸を含む) 205例
大腸 259例
内視鏡的切除術実施数 食道がん 13例
胃がん・腺腫・ポリープ 66例
大腸ポリープ・がん 450例
内視鏡的止血術実施数 延べ214回
ESD 101例
(食道13、胃63、大腸25)

学会認定資格(2018年4月現在)

日本消化器病学会
専門医4名(うち指導医2名)
日本消化器内視鏡学会
専門医3名(うち指導医2名)
日本消化器がん検診学会
認定医1名
日本消化管学会
専門医2名

内視鏡的治療

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

切除前(早期胃がん)

切除前(早期胃がん)

切除中

切除中

切除標本

切除標本

内視鏡的止血術

出血性胃潰瘍

出血性胃潰瘍

アルゴンプラズマ凝固法

アルゴンプラズマ凝固法

治療後

治療後

受診・検査に関する注意事項

  • 外来診療は毎日実施し、朝食を食べずに(飲水は可)来院された方は可能な限り当日中に食道・胃・十二指腸の内視鏡検査を実施しています。ただし、予約の方を優先させていただきますのでご了承ください。
  • 大腸内視鏡検査は予約制の検査なので、まず消化器内科外来を受診してください。なお、その際は絶食の必要はありません。検査当日は絶食で、早朝から腸管洗浄剤を服用していただきます。
  • X線造影検査は予約検査になります。
  • 常用薬がある方は、来院時にお薬手帳を持参してください。
  • 内視鏡検査に使用した医療機器の洗浄は、1回の検査ごとに機械による滅菌洗浄を実施し、生検鉗子や針などは使い捨てのディスポを使用し、清潔管理・感染対策に細心の注意を払っています。
  • クローン病や潰瘍性大腸炎などの特定疾患の公費申請に必要な個人調査票の作成も行いますのでご相談ください。
  • ピロリ菌の除菌治療(一次除菌・二次除菌)を積極的に行っています。