輸血細胞治療部

輸血細胞治療部

輸血細胞治療部の紹介

輸血細胞治療部長
谷本 一樹

  • 輸血細胞治療部長:谷本 一樹

 (日本輸血・細胞治療学会認定医、細胞治療認定管理師、日本血液学会専門医・認定医、日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医)

  • 輸血細胞治療課長:橋口 裕樹

(日本輸血・細胞治療学会 認定輸血検査技師、日本組織適合性学会 HLA検査技師)

 

当院の輸血細胞治療部は、同種血輸血、自己血輸血、末梢血幹細胞移植、臓器移植の治療に携わり、輸血検査、血液製剤管理、副作用対応、HLA検査、末梢血幹細胞移植採取、保存を業務としている部門です。

 

平成27年7月 輸血管理料Ⅰ、輸血適性使用加算取得

平成28年4月 日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定施設

 

業務内容

  • 輸血検査(血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験)
  • 臓器移植検査(HLA 抗原、HLA抗体、ダイレクトクロスマッチ)
  • 造血器腫瘍細胞表面抗原検査(白血病、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫等の腫瘍細胞の抗原検査)
  • 血縁者間骨髄移植に関わるHLA抗原検査
  • 末梢血幹細胞移植(PBSCT)

 

平成27年度 取扱い件数

血液型検査 不規則抗体 RBC
(赤血球製剤)
FFP
(血漿製剤)
PC
(血小板製剤)
ALB
(血漿分画製剤)
9712件 6780件 3023本 509本 830本 2739本

 

輸血検査は全自動輸血分析器“echo”の2台体制で24時間稼動、輸血過誤を防ぐシステムを導入し、輸血療法の安全性と緊急性の両面に対応しています。また血小板輸血不応や輸血副作用の原因となるHLA抗体検査をリアルタイムに測定し、副作用の原因究明に努めています。患者様に輸血する血液製剤は専用冷蔵庫にて厳重な温度管理を行い、万全の保管管理体制を整えています。また、自己血輸血にも積極的に取組み、安全な輸血療法を目指しています。フローサイトメーターを用いた検査では、腫瘍細胞の表面抗原、細胞質内抗原の検索を行い、造血器腫瘍の診断に役立てています。