医療安全推進室

医療安全推進室

医療安全推進室の紹介

  • 医療安全推進室長:河野 博之
  • 医療機器安全管理者:満生 浩司
  • 医薬品安全管理者:藤永 理恵子
  • 医療安全管理者:佐藤 章子
  • 感染防止対策室長:石丸 敏之
  • 専従感染管理認定看護師:田嶋 信子

福岡赤十字病院医療安全推進室は平成16年4月に設置され、赤十字の理念に基づき、医療の質の向上及び安全な医療の提供を目指し、医療安全推進活動に取り組んでおります。

 

設置目的

医療事故防止対策、院内感染防止対策を含めた医療安全の意識向上、安全文化の構築

医療安全推進室の活動内容

院内ラウンドによる現場の実態把握及び業務改善の提言

定期的に各部署のラウンドを行い、医薬品・医療機器の正しい取り扱い及び療養環境の整備について確認しています。また、毎週ICTラウンドを行い、感染防止の観点から職場環境を点検しています。問題を早期に捉えていくとともに、安全な業務への提言を行っています。

インシデント・アクシデントの収集、分析、対策立案

「インシデント・アクシデント報告制度」により、院内で発生したヒヤリハット事例を迅速に把握・共有し、同じ間違いを未然に防ぐよう努めています。

医療安全・感染防止マニュアルの作成と周知

医療安全・感染防止マニュアルを定期的に見直し、医療情勢に見合うように改訂するとともに、職員がマニュアルを遵守できるように働きかけています。

医療の安全管理に係る教育・研修の企画及び運営

全職員対象の研修を年2回以上開催し、また、職種ごとに必要な研修を適宜開催しています。医療事故防止のための知識・技術の習得及び事故発生時の対応について学べるよう、教育推進室との連携を図っています。多くの職員が医療安全研修に参加できるよう工夫も行っています。

各部署における医療安全管理に関する相談、助言

各部署の医療安全推進担当者(リスクマネジャー)や職員が、安全な療養環境・安全な業務について整備改善できるよう、相談や助言を行いながら取り組んでいます。

 

医療安全全国共同行動

  • 当院は医療の質と安全の向上をめざす、医療安全全国共同行動“いのちをまもるパートナーズ”に参加登録しています。

 

医療安全全国行動とは、医療に従事するすべての職種の人々、病院、病院団体、専門職能団体、学会他さまざまな医療団体が、安全な医療を実現するために職種や立場を超え一丸となって医療安全対策の実施と普及に取り組む事業です。

 

(目標)

(1)医療の質・安全の向上を目指す取組の普及

(2)医療の質・安全の向上を目指す取組の成果の可視化

(3)医療に対する患者・市民の信頼の向上

 

医療安全全国共同行動の詳細は下記のアドレスでご覧いただけます。

http://kyodokodo.jp