救急診療体制

救急診療体制

赤十字の基本理念である人道と奉仕の精神に基づいて、24時間体制で真摯に救急医療に取り組み、患者さまにとって安心できる最善の医療を行います。

赤十字の基本理念である人道と奉仕の精神に基づいて、24時間体制で真摯に救急医療に取り組み、患者さまにとって安心できる最善の医療を行います。

基本方針

  • 地域の救急医療・災害拠点病院としての機能を全うします。
  • 救急医療を担う者として社会的使命を自覚し、医療レベルや医療サービスの向上に努めます。
  • 時代の救急医療を担う専門職を育成するため、関連分野において教育にも力を入れます。

下記の診療体制にて365日24時間体制で常時救急・急患に対応しております。

診察体制

昼間 (9:00~17:00) 全科随時
夜間・休日 当直医(内科医師・外科系医師・循環器内科医師・産婦人科医師)、救急科医師を中心に、看護師・薬剤師・放射線技師・検査技師・事務等で構成し、夜間・休日を問わず、その他全科医師のオンコ一ルによるサポ一ト体制をしいております。

特定科の体制

小児科 平日 17:00~19:30
毎週土曜日 13:00~19:00

※いずれの場合も祭日を除きます。

救急センター

救急センターには診察室が5室(内科1室/外科1室/産婦人科1室/小児科1室/感染症1室)あり、救急用ベッドを6床保有しています。

急患受付のご案内

受診科がわからない場合や診療時間が不明な時などはお電話にてお尋ね下さい。

092-521-1211(代表)

 

注意事項

初・再診時の選定療養費について

 当院では、他医療機関からの紹介状を持参されない初診患者さんについて、厚生労働省により保険医療機関の相互機能分担を目的として、一般病床500床以上の地域医療支援病院について、一定額以上の徴収が義務付けられました。

 当院は500床以上の地域医療支援病院に該当するため、上記理由により下記のとおり料金を徴収させていただきます。

 

  • 初診時選定療養費:5,400円

  • 再診時選定療養費:2,700円

 

平日時間内・休日・夜間救急診療について

  • 平日診療時間内の救急センターによる救急診療は、救急隊により緊急搬送される患者さんを中心としておりますが、その他の救急患者さんの場合にも本館新患受付を通して対応しております。ただし、各診療科の状況によって対応できない場合や対応が遅れる場合もありますので、救急受診の際は前もってお問い合わせください。
  • 平日時間外(17:00~8:30)および休日の受付は「救急センター受付(99番)」にてお願いします。
  • 尚、受付をされた方は救急センター横の「救急センター待合室」にてお待ち下さい。
  • 救急診療の特性から重症患者さんの診察・治療を優先しますので、緊急手術や緊急処置などによりお待ちいただく場合があります。また、診療科の違いや検査の状況などにより診察の順番が受診受付の順番と異なることがあります。ご了承お願い致します。
  • 救急センターでのお薬の処方は、原則的に平日の通常診療が始まるまでの日数分(通常は1日分、休前日は2~3日分)とさせていただきます。
    救急センターでは詳しい検査などができず、診断が確定されない場合もありますので、翌日ないしはできる限り早い段階で専門診療科をご受診ください。上記理由により処方日数に制限を設けておりますので、あらかじめご了解ください。
  • 当院は医師の研修指定病院として研修医の卒後臨床教育を行う役割も持っておりますので、救急診療に限らず、全ての診療活動において研修医の参加を促し、指導医による教育のもとに診療に携わっております。救急センターにおきましても研修医による問診や診察、処置が行われますが、ご了解くださいますようお願い致します。もちろん、当院では研修医の教育に日々努力するとともに、診療や治療の最終判断は上級医が責任をもって行っております。
    研修医の救急診療への参加は、救急医療に積極的かつ適切に対応できる医師を育てるために必須であり、1年を通して毎日24時間の救急診療体制を維持し、地域の皆様の救急医療に対するニーズに対応するために必要であります。皆様のご理解とご協力を宜しくお願い致します。

 

救急センター

救急センターには診察室が5室(内科1室/外科1室/産婦人科1室/小児科1室/感染症1室)あり、救急用ベッドを6床保有しています。

救急センター

入院患者・救急待合室

初療室